signboard of Mascot Server

製品情報

Mascot Serverは、質量分析計で測定されたタンパク質あるいはペプチドの質量スペクトルに一致するアミノ酸配列をタンパク質・ゲノムの配列データベースやスペクトルライブラリから検索し、試料に含まれるタンパク質を同定するためのソフトウェアです。以下の質量分析計ベンダーの質量ピークリストを使って検索する事ができます。

  • AB Sciex
  • Agilent
  • Bruker
  • Jeol
  • Shimadzu
  • Thermo Scientific
  • Waters

Mascot検索によって検出されたタンパク質またはペプチドは確率的なスコアリングアルゴリズムによって処理され、統計的に有意なタンパク質・ペプチドは期待値(または期待値に対応するスコア)と偽陽性率(FDR)によって明確に区別され、同定されたかどうかを直感的にわかりやすい形式で可視化します。

無料でご利用いただけるMascot検索サーバをインターネット上に公開しています。お客様のWebブラウザからアクセスできますのでお試しください。なお、より多くの方に快適にお使いいただくため、投入できる質量データサイズ等に若干の制限があります。詳しくは FAQページ をご覧ください。

無料Mascot検索サーバー

Peptide Mass Fingerprint

ペプチドイオン質量スペクトルに一致するタンパク質を探します

Ms/Ms Ion Search

プロダクトイオン質量スペクトルに一致するペプチドを探します

Sequence Query

配列タグに一致するペプチドを探します

Mascot検索サーバは、

  1. Mascot Serverソフトウェア
  2. Webサーバーアプリケーション(IISあるいはApache)
  3. ソフトウェアを走らせるPC(WindowsまたはLinux)

で構成されています。Mascot Serverライセンスを購入することにより、お客様のイントラネットワーク環境の中に次のような特徴を持つMascot検索サーバサイトを導入する事ができます。

  • 質量データのサイズや量に制限のないMascot検索
  • 検索データベース、修飾、消化酵素、定量メソッドを編集・新規構成可能
  • ロール形式のユーザ管理機能
  • Mascot検索を自動化するためのMascot Daemonソフトウェアを無料バンドル
  • 質量分析計解析システム、実験データ管理システムとネットワーク接続可能
  • 1ライセンス当たり6コアプロセッサまで動作可能
  • マルチCPU、PCネットワーククラスタに対応したスケーラビリティ

また、Mascot Serverライセンスにはオンサイトを含む充実した技術サポートと最新バージョン提供サービス(保守契約)が付属しています。購入から1年間は無償で保守契約が付属しており、その後も有償で保守を継続する事ができます。

Mascot search form Mascot search result Image description here

バージョン情報

Version 2.7
2020年4月リリース
最新バージョン 2.7.0
新規サポート機能クロスリンクペプチドの検索,Protein FDR,3価以上のプロダクトイオン検索,...さらに見る
リリースノート
新規インストール手順
アップグレード手順
Version 2.6
2016年12月リリース
最終バージョン 2.6.2
新規サポート機能スペクトルライブラリの検索,スペクトルライブラリの構築,...さらに見る
リリースノート
新規インストール手順
アップグレード手順
Service Packのアップグレード手順
配列データベース管理マニュアル
Version 2.5
2014年7月リリース
最終バージョン 2.5.1
新規サポート機能混合スペクトルの検索,新規スペクトルビュアのサポート,Mascot Daemon 64bit対応,...さらに見る
リリースノート
新規インストール手順
アップグレード手順
Mascot Server取扱説明書
Mascot Daemon取扱説明書
配列データベース管理マニュアル
Version 2.4
Version 2.2
Version 2.1
2005年5月リリース
最終バージョン 2.1.4
新規サポート機能ロールによるユーザ管理機能,検索結果のファイル出力機能,Mascot Daemonの機能強化など
リリースノート
新規インストール手順
アップグレード手順
Mascot Server取扱説明書
SwissProt 51.0以降のデータベースセットアップ方法について
Version 2.0
2004年1月リリース
最終バージョン 2.0.5
リリースノート
新規インストール手順
アップグレード手順
Version 1.9
2003年1月リリース
最終バージョン 1.9.1

サポート

オリジナルデータベースの作成・更新方法
テキストエディタを使ってオリジナルのデータベースファイルをご自身で作成する方法について説明しています。
検索対象の生物種を予め絞り込んだUniprotKBデータベースの作成手順
NCBIprotの代わりにお勧めのUniprotKBをMascot Serverで使用可能にする方法について説明しています。
Taxonomyリストの変更方法について
検索条件設定画面の「Taxonomy」リストを変更する方法について説明しています。
データベース管理マニュアル
データベースの登録、更新などを行う設定画面「Database manager」について説明しています。
Mascot Server取扱説明書
Mascot Serverの使い方を説明しています。
ユーザ管理とセキュリティ機能の使い方
ユーザ管理とセキュリティ機能の使い方を説明しています。
消化酵素の新規登録・変更方法
消化酵素の新規登録、登録内容の変更方法を説明しています。
修飾エディタの使い方
Mascot Server 2.2からサポートしたブラウザベースの修飾エディタの使い方を説明しています。
検索結果ログの構造
検索結果ログの構造について説明しています。
robocopyプログラムを利用したMascot Server検索結果のバックアップ
マイクロソフトが提供する高機能バックアッププログラム「robocopy」を利用したMascot Server検索結果ファイルのバックアップ方法について説明しています。
Windows7からWindows10へのアップグレード手順
Mascot Server PCにインストールされているWindows7をWindows10にアップグレードする手順について説明しています。
消化酵素のデータフォーマット
消化酵素のデータフォーマットついて説明しています。
修飾のデータフォーマット
修飾のデータフォーマットについて説明しています。